よくある勘違い!

お問い合わせはこちら

よくある勘違い!

よくある勘違い!

2021/05/25

よくある勘違い!両立支援等助成金

労働保険


事業主の皆さんは、こんな色の封筒が会社に届いているのを見たことありませんか?

見たことあるという方も多いのではないでしょうか。

 

この封筒は、労働保険料の年度更新といって労働保険料の申告をしていく業務になります。

そしてこの封筒が来るということは、労災保険と雇用保険に加入していることになりますので、助成金の対象事業所となります。

 

この封筒が来てる事業主の皆さん、ひょっとしたら助成金が受け取れるものがあるかもしれません。^^

 

この記事を書く前に、労働局から電話がありました。両立支援等助成金を申請していた会社のことでした。

 

そんな内容かというと、助成金の申請書に記入してある労働保険番号がありません。同名の会社では記入してある番号は無くてほかに2つの番号があります。

ご確認してくださいという内容でした。

 

助成金の申請を依頼されたときに、真っ先に労働保険番号と雇用保険事業所番号を事業主からおききします。

ほぼすべての事業主様は、それはどんな番号ですか?

何についているのですか?と聞き返してきます。

 

 

その時に、こういう緑の封筒来ませんでした?ときくとたいていは、あるあると答えます。

それほど、労働保険番号と雇用保険事業所番号は、重要視されていないわけです。

 

でも、今回の事業所はすぐに労働保険料の領収書がでてきて、労働保険番号もわかりました。2つとも。

 

 

それで安心しきっていたなかで、労働保険番号がないという電話は、『え?どういうこと?』というかんじです。

 

早速、社長に連絡して確認をしたところ会社には何の移動もないしずっと変わっていないよというお返事でした。

 

つぎに労働局の徴収課に電話してみました。

 

徴収課に電話して、事情を話して何が考えられるか聞いてみたところ、事務組合に事務委託した場合は労働保険番号がかわりますと教えてくれました。

まさにこれだ!!と理由がわかり、今現在その確認をとってもらっています。

 

これであとは、きちんとした労働保険番号をお伝えすれば、120万円もらえる助成金です。

 

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当事務所ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当事務所では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当事務所では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当事務所のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当事務所では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。